長野の地下室付きの家・省エネ住宅・デザイン注文住宅ならミツヤジーホーム

  1. トップ
  2. 安江亮治の月1コラム「家はこう建てる!」

安江亮治の月1コラム「家はこう建てる!」

「補助金」あれこれのお話

2017.03.31

みなさん、お家を建てる際に、国や地方公共団体などから、住宅に関する「補助金」 が 「うけられる場合がある※」 ことをご存知でしょうか?今回は、その補助金の種類と金額について少しご紹介したいと思います。※補助金は、様々な条件があるため、その条件に合う建物を作ることが受給の前提となりますことをご承知おきくださいね。≪新築の場合≫・ 「ZEH (ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)」・・・160万円(平成29年4月3日~5次募集)  しかしながら、来年度は75万に下がるようですね。・ 「地域グリーン化事業」・・・100~165万円  これは所属する団体と、仕様や申請の種類によって金額が変わりますが、

続きを読む

新築したら暖かいのか?「気密」の「秘密」

2017.02.13   カテゴリー

今回は『気密』についてのお話しです。 秘密というほどではないですが、できるだけ分かりやすく、お伝えできればと思います。 まず、気密性能とはC値といいまして、相当隙間面積といいます。床面積1㎡あたり、どれくらい建物に隙間があるか?という値です。基準上では、C値が5.0㎠/㎡以下だと気密住宅といい一般的に高気密とうたっています。(ちなみに、次世代省エネルギー住宅では、東北、北海道はC値が2.0㎠/㎡以下、それ以外が5.0㎠以下と規定されていました。) では、上記を踏まえて、「長野県内で家を建てるなら、C値はいくつならいいの?」ということが知りたいですよね。 長野市、

続きを読む

2017年のご挨拶・弊社の家づくりについて

2017.01.13

~皆さま、あけましておめでとうございます~昨年も多くの方に、モデルハウス及び見学会にお越し頂きありがとうございました。また、そのなかで弊社を選んでいただいた方には本当にありがとうございます。*************************************************年始なので、「弊社の家づくりの考え方」についてお話ししたいと思います。私がお客様とお話ししている中で「どの会社で家を建てたらよいのか?」と迷われる方は非常に多いです。どこの会社に行っても「高気密・高断熱であったかいですよ~!」と、同じようなことを言われるので、どれが本当にいいのかわからないとおっしゃっています

続きを読む

住宅ストック循環支援事業補助金

2016.12.02

 年末まであと一か月を切りました。一年は早いですね。 さて、今回は、2016年度の第2次補正予算が10月11日に成立したことをうけて国土交通省による「住宅ストック循環支援事業」がスタートしたお知らせです。 ものすごく簡単にいうと中古住宅の購入、エコリフォーム、エコ住宅への建て替えの場合に補助金がもらえるというものです。詳しくは、以下のページをご参照ください。https://stock-jutaku.jp/情報は随時更新されていますので、お見逃しなく。 いろいろ規定はありますが、補助事業者との登録が必要で、弊社では早速登録をしてみました。リフォームのお問い

続きを読む

実は、隠れた省エネ品『凍結防止帯』

2016.11.29

 いきなりですが、"冬場になると電気代が上がる"と感じませんか?暖房や給湯がガスで、暖房は灯油のファンヒーターを使っている方が一番感じやすいかもしれません。 これ、原因は『凍結防止帯』が原因のことが多いのです。『凍結防止帯』とは、水道管の凍結防止のため、電熱線ヒーターを巻く部分のことです。給湯ボイラーが外にあったり、床で断熱されている場合使われます。その電熱線ヒーターが古いものだと、ヒーター部分の電気代だけで一月2~3千円かかるそうです。これが冬になると電気代が上がる原因になっています。しかし、止めてしまって水道管が凍った場合の修理費が大きいので、止めることができません。今の新しい商品には、

続きを読む

安江亮治の月1コラム「家はこう建てる!」安江亮治の月1コラム「家はこう建てる!」

  • モデルハウス見学受付中!ミツヤジーホーム
  • お気軽にお問い合わせください お電話でのお問い合わせ:026-263-0263 各種お問い合わせフォームはこちら

このページの先頭へ

地下室付住宅のミツヤジーホーム
〒381-0042長野市稲田2丁目11-6  TEL:026-263-0263/FAX:026-263-0262
Copyright (c) 2013 地下室付住宅のパイオニア ミツヤジーホーム(長野県長野市) All Rights Reserved.